東北といえば「ねぶた祭り」です!

日本各地には、さまざまな個性溢れるお祭りがありますが、その中には特定の地域だけではなく、全国的にも知られているような知名度の高いお祭りもあります。東北三大祭りはその代表的なものの一つで、祭りが開催される時期には、東北地方だけでなく全国各地から観光客が訪れます。※その他の地域のメジャーなお祭りについてはお祭り好きのための転職術の記事をチェック!

東北三大祭りの中でも特に個性的なことで知られているのは青森で開催されているねぶた祭りです。このお祭りの大きな特徴は、紙で巨大な人形が製作され、内側から灯篭を使って点灯させた人形型の山車が街中を練り歩くことです。ねぶたの人形はいろいろな題材をモチーフにして作られていますが、日本に古くから伝わる説話の主人公や中国の歴史や物語を題材にした人形が人気を集めます。そして、ねぶた祭りのために制作された人形型の山車は、運行される道筋が決まっていて、国道4号線から始まり平和公園通りで終わるルートには、たくさんの観光客が押し寄せます。

ちなみに、人形型の山車を製作するお祭りは、青森市のねぶた祭り以外にもあるようです。その中でも特に有名なのは、弘前市で毎年開催されている弘前ねぷた祭りだといわれています。また、その他にも、青森県内では五所川原市や平川市、黒岩市などでも同様のお祭りが開催されていて、迫力満点の山車が街を練り歩くそうです。お祭り好きの人なら、ぜひ一度は見ておきたいものですね。ねぶたやねぷたの人形の美しさは、心惹かれること間違いなしでしょう。